Business Development事業展開について

事業展開について

浜倉的商店制作所では、施設テーマ、企画、ゾーニング、商人特性リーシング、 商材特性キャスティングを含め、その地域に馴染み、文化となっていく施設のトー タルプロデュースを数多く手掛けてきました。個人店だからこそ活きる集合施設 環境だけではなく、仲卸だからこそ、生産者だからこそ活きる素材と料理法によ る食文化を多様に商材特性を生かした施設環境の創造、そして衰退前の旅館や船 着き場等の再生を集合体施設として蘇らせて、浜倉的商店製作所から世に輩出し ていきます。 少子高齢化という背景を考え、独立しやすくリスク少ない個店環境の創造で、50 代オヤジ、女性、子育てが終わった主婦、外国籍の方、などあらゆる立場の方に 輝く職と食の場、人と人とのコミュニティー、そして生産者の町の活性化を視野に、 全てが笑顔になれる空気感の施設が広がればと、私たちは真剣に考えています。

  • 地域
  • × ×
  • = =
  • 文化

街にある魚屋さん、その経営はショッピングセンターやスーパーマーケットが増 えた昨今、経営苦難を虐げられています。しかし、魚屋のオヤジは、育ちから威 勢がよく、魚の見極め方を知っており、シンプルだけど素材の味を楽しめる調理方法を知っています。
そういった個性を活かすため、役職はなくして、また、オヤジだけでは入りづらいのでホールは威勢のいい娘たちが店を切り盛りをします。娘で気軽に入りやすく、オヤジが作って安心する。日本人の大衆的な「オヤジと娘の浜焼き酒場」というコンセプトで『鱗』ブランドのプロデュースを行いました。このようにその地域と人の個性を活かすことにより、文化が生まれます。

特性を生かしたキャスティング

商売苦難な仲卸さんからのご相談から生まれた『丸富水産』ブランド、それが漁師・漁港の商売苦難と過疎化のご相談に繋がり、現在の「浜焼き・魚河岸水産系」酒場マー ケットが世に自然発生し拡大しました。50 代を超えた味あるオヤジだからこそ作れる雰囲気、自由な格好したい時期だから活き活き威勢よく対応できる娘。各々の持つ人材特性と魚という商品特性のキャスティングで成し得た結果です。この商売と笑顔を繋ぐまでの実現までが私たちの “プロデュース” なのです。

他業種展開について

村上隆の新オフィス、昭和な横丁
〈Office Zingaro Yokocho〉
アーティスト村上隆さん率いるアートカンパニー、カイカイキキは現在、中野ブロードウェイにギャラリーやカフェなど4つの施設を展開している。
次々に増えていく施設をまとめるべく新たにオフィスを開設するにあたり、浜倉的商店制作所がデザインを担当させていただきました。
村上隆さんが弊社プロデュースの恵比寿横丁をお気に入りで2015年夏には「恵比寿トライアル」という飲み会を1 か月間、毎晩開き、六本木ヒルズ開催された展覧会『村上隆の五百羅漢図展』のアフターパーティでも使用していただいたご縁からオフィスのデザインをご依頼頂きました。
ご要望としては会議室は2つということ以外はなく、細部にまでこだわりを持ち古く見せるための“汚し” 作業も行なった。

詳しくはこちら

御座船 安宅丸
"船上酒場"で、東京湾に新しい文化を創り出す
400年の時を超え、江戸時代の豪華絢爛な御座船を再現。最大500名乗船の堂々たる偉容で「船上の酒場」が東京湾に浮かびます。江戸情緒あふれる新たな”大人のたまり場”が驚くほどカジュアルに利用できる。 「船」という特殊なスペースならではの制約を逆手に取った柔軟かつ自在な発想で、従来の「屋形船」や「クルージング船」のイメージを大きく覆します。